自立心を促し親のありがたみを知る機会が高校留学です

subpage01

もしお子様が高校生で、英語に興味があったり、自立心を促したいと思ったら、海外に留学させてみてはどうでしょうか。

一口に高校留学と言っても、英語なら留学先は多くの選択肢があります。



定番のアメリカやイギリス、オーストラリアやニュージーランド、カナダだけでなく、シンガポールなどアジアにも英語を話す国があります。

お子様が興味を持っている国をベースに、親が実際に旅行や留学で行ったことがある国を選ぶのも悪くないでしょう。

日本から少しでも近いほうが良いなら、シンガポールなどアジアもおすすめです。
アジアならお米を食べる国も多く、漢字が通じることもあります。

ボーディングスクールを理解するために必要な基礎知識をわかりやすく紹介します。

同じアジア人として日本人も溶け込みやすく、人種差別の心配はあまりありません。他にも映画や音楽が好きならアメリカなど北米も良いでしょう。

朝日新聞デジタルに有効な知識の紹介です。

北米の高校生は自立心が強い若者が多く、お子様の独立心を促したいなら留学先としておすすめです。


また時差が少ないほうが良いなら、オーストラリアが向いています。
日本との時差が一時間しかないので、親が電話やチャットでお子様と交流がしやすくなります。
また留学は高校留学だけでなく、親とお子様が一緒に留学するプランもあります。

お子様の希望に応じて熟考しましょう。

最初の留学は無理をさせず、短期がおすすめです。

長期は大学生や大人になってからでもできます。

高校留学は親元を離れた一人暮らしに近いので、日頃家事や相談をしてくれる親のありがたみを知る良い機会にもなります。