子どもを海外で勉強させるには高校留学がベストです

subpage01

日本でもグローバル社会が到来し、海外勤務や英語公用化や同僚が外国人という事例が増えてきています。

将来自分の子どもに仕事で使えるくらいの英語力を身につけさせたい場合、いつ留学させるのがよいか考えてみましょう。

こちらのボーディングスクールの役立つ情報をお探しの方にお勧めです。

まず、最近注目を集めている親子留学は、主に母親が幼児や小学生の子どもを連れて語学または趣味の留学をすることです。


親が語学語学学校や各種スクールに通う間、子どもは現地の幼稚園や小学校、語学スクールで英語を使った遊びや勉強をして過ごします。
子どもにとって、この年齢での留学は英語力を付けるというより、外国の文化に触れて楽しむ体験の方が重視されます。
記憶に残って帰国してからの英語学習のモチベーションが高まるというメリットはありますが、時間が経つに連れ忘れてしまうことが多く、直接的に英語力が身に付くということは少ないです。


では、中学生での留学はどうでしょうか。


この時期はまだ目的意識がはっきりしておらず、自分の将来までのキャリアパスを明確に決めているという子どもはまれです。


何のためにいつどこへ留学したいのか、結局は親の指示通りになってしまいがちです。
また、帰国してから高校受験をする場合には、受験科目により進学先の選択肢が狭まるというデメリットもあります。
一方高校生になると、より具体的に将来を考えられるようになり、自分にとって何が必要なのか自分で判断するようになります。



今まで培ってきた英語力により磨きをかけ、本当の意味で高校留学を楽しむことができるでしょう。


カナダの公立校では学費とホームステイ代が日本の私立高校に通わせるのとあまり変わらない予算で可能というところもありますので、一番現実的な選択は高校留学と言えるでしょう。英語力が抜きん出ている場合、日本の大学入試でも有利になることが多いのも高校留学のメリットです。

今、注目の共同通信社情報をお教えします。